【人を笑わせる会話術】すべらない話の芸人のような面白い話術

最も簡単にフリを構成する方法【面白い話を作るピンポイント術】

面白い話はフリとオチによって構成される。

そして、フリを考えるためにはこの方法を使用し、
発想すれば簡単にフリを作ることができる。

ポイントは極端。

極端なものを繋ぎ合わせることで
フリを構成することが可能となる。

 

 


参考になるブログの一覧

やっぱりね」となってしまいます。それで話の流れからは予測できないような意外なオチであればあるほど、面白い話のネタになります。それで重要になるのは、オチに対してのフリです。フリで聞き手にイメージを膨らませ、話の展開をはっきりと...
⇒http://clever-person.net/omosiroihanasinetateku/

以上のように、面白い話には必ずそのシステムがあって、どんな話でもこの「フリとオチ」のシステムに乗せれば、ある程度は面白くなるわけです。例えば私の去年の雷事件を例にとると、 (起)フリ1 ・私は月に3回、宝満山という山に登っています...
⇒http://katamich.exblog.jp/10736219/

以前「おもしろい話をするには」で触れましたが、笑い話は「ギャップ」です。フリでオチ以外の情報を固めといて、オチで一気に落とす。あと、情報が欠けたり、話の大事な部分が抜けてたりすると、オチで相手は「?」になっていまします。
⇒http://blog.livedoor.jp/ador/archives/21907554.html

極力」を「なんでも」と書き換えるチラシ周りや、ハードゲイ発言など、行天のおかしさもありましたが、吉村刑事との序盤の出会いとラストシーン、春美の土下座されると断れない性格のふたつでフリとオチが決まっていて気持ちが良かったです。
⇒http://blogs.yahoo.co.jp/rc31jp/45260346.html

話の構成としては、一節に、こちらがいいといわれている。 フリ. オチ. フォロー。 これが複数回重なって、大きな話になっていく。 フリをしっかりしていないと、同じオチを言っても振り幅ができていないため. 笑いになりにくい。 フリ :常識をいい、.
⇒http://d.hatena.ne.jp/hanashi-ka/20101127/1290853569

もちろん読む前から結末を知っているお話を読んで、面白いはずがありません。 しかしこの『すでに知られている物語』も、2本組みあわさっていると状況が変わります。 例えば前フリとオチが
⇒http://scratch-line.doorblog.jp/archives/5018645.html

普通に面白い話をする。できたら一番これがいいが、ハードルがあがっているのでなかなか難しい。 ・はずす くだらない話をする。意表をついたオチで「なんだよそれ」という笑いを起こす。 ・メタる そのフリ自体に突っ込む。「でたよ面白い話して...
⇒http://inazumanews2.com/archives/28656418.html


カテゴリー:面白い話をする方法