【人を笑わせる会話術】すべらない話の芸人のような面白い話術

最新情報

【笑いって実は簡単】人を笑わせられる自信が身に着く方法

この笑いのパターンは、数あるパターンの中でも
基礎中の基礎のパターンと言える。

やることがいたってシンプルなので、
あなたはこの笑いのパターンを知ることで、

「笑いって実は簡単かも!?」と感じられ、
笑いに対する自信を持つことができるだろう。
『【笑いって実は簡単】人を笑わせられる自信が身に着く方法』の続きを読む

【劣等感と失望感】人が集まる場所で愛想笑いを浮かべる自分

面白い話ができない人が迎える悲惨な未来とは?

人が集まる場所にいても、愛想笑いを浮かべて、
ただ話を聞いているだけの人になってしまうかもしれない。

そして、面白い話ができる人に劣等感を感じ、面白い話ができない自分に対して
失望感を感じることになるかもしれない。

恐らくあなたはどちらの未来も望んでいないだろう。

そうならないために、ぜひとも面白い話をマスターして欲しい。
『【劣等感と失望感】人が集まる場所で愛想笑いを浮かべる自分』の続きを読む

【大爆笑をとるには?】オチの意外性を3倍に高める話の構成法

この構成法を使用して面白い話の展開を組み立てれば、
95%の人はオチを予想することができない。

オチの意外性と笑いの大きさは比例する。

ゆえに、大爆笑が取れるようになる。

この構成法は必須ではないが、取り入れた際はかなり大きな笑いにつながるので、
将来的には必ずマスターして欲しい。
『【大爆笑をとるには?】オチの意外性を3倍に高める話の構成法』の続きを読む

【年下(部下や後輩)が萎縮してしまう】笑いの会話で解決!

年下(部下や後輩)と打ち解けられる笑いのパターンというのがあります。

あなたがあまりにも目上の存在過ぎて、
相手が委縮してしまっている時は、
この笑いのパターンを“1回だけ”使用してみて欲しい。

あなたのステータスを下げることなく、
相手は居心地の良さを感じはじめるだろう。
『【年下(部下や後輩)が萎縮してしまう】笑いの会話で解決!』の続きを読む

最も簡単にフリを構成する方法【面白い話を作るピンポイント術】

面白い話はフリとオチによって構成される。

そして、フリを考えるためにはこの方法を使用し、
発想すれば簡単にフリを作ることができる。

ポイントは極端。

極端なものを繋ぎ合わせることで
フリを構成することが可能となる。
『最も簡単にフリを構成する方法【面白い話を作るピンポイント術】』の続きを読む

【大人数の会話が苦手】絶対覚えて欲しい笑いのパターンとは?

グループでの会話にうまく参加できない人は、
この笑いのパターンを使ってピンポイントで
チョコチョコと笑いを取って欲しい。

そうすれば、周りから「お前おもしろいな!」
ということになって、それがきっかけで自信がついて、
積極的に複数での会話にも入っていけるようになるだろう。
『【大人数の会話が苦手】絶対覚えて欲しい笑いのパターンとは?』の続きを読む

ダウンタウン松本が常用している笑いのテクニック

このテクニックなら、発想力ゼロであっても人を笑わせることができる。

この笑いのパターンに必要な能力は記憶力だけ。

小学校3年生レベルの記憶力さえあれば、
繰り返し、人を笑わせることが可能となる。

(かといってレベルが低いわけではなく、
ダウンタウンまっちゃんが常用しているテクニックの1つだ。)
『ダウンタウン松本が常用している笑いのテクニック』の続きを読む

笑いで説得する会話術【恋愛心理学・デートに誘う・告白する…】

こと恋愛に関して。
異性をデートに誘うにしても、告白をするにしても、
自分の要求を受け入れてもらうためには、説得をしなければならない。

しかし、その説得を苦手としている人はたくさんいると思う。

そんな人でも、この笑いのパターンを覚えれば、
説得上手になることができる。

(ただし、ビジネス関係ではあまり使えない。
恋愛専用的なところがある。)
『笑いで説得する会話術【恋愛心理学・デートに誘う・告白する…】』の続きを読む

お笑い芸人のような面白い話をするためのネタ発想法

なぜ、人気の芸能人はあれほどたくさんの
面白い話を持っているのか?

ネタが枯渇することがないのか?

それは2種類の発想法を持っているからなのだ!!

ごく一部の実力派芸能人だけが密かに使用している
2パターンの発想方法を公開!!
『お笑い芸人のような面白い話をするためのネタ発想法』の続きを読む

【面白いツッコミのコツ】ツッコミをしない人=冷たい人

「ツッコミ?恐い。人を殴ったりする暴力的な行為でしょ?」
とか「いやいや、ツッコミなんて会話に必要ないよ。自然に会話するのが一番だよ」
とか「ツッコミは漫才や大阪だけのノリでしょ?私には必要ないよ」

このようにツッコミに対して意外とネガティブな捉え方
をしている人たちは多い。

しかし、ツッコミは誰もがマスターしなければいけない。

なぜなら、ツッコミをしない人=冷たい人だからだ。

その理由を理論的に証明!!
『【面白いツッコミのコツ】ツッコミをしない人=冷たい人』の続きを読む

次の記事 »